学生時代に利用したアパートについて

学生時代に利用したアパートについて

友達はアパートに読んだ

学生時代に利用したアパートについて
選手の休み利用して私は自分のアパートに友達をたくさん呼びました。私は高校卒業すると同時に東京の大学に進学することになったので実家離れ東京で一人暮らしを始めています。もともと家事料理は実家でも行っていたのでその面に関して心配ありませんでした。しかしそれまで田舎暮らしをしていた私にとっては東京の街すべてが見たことも無いぐらい大きく見えてお店もいっぱいあるし高い日をたくさん欲しいとこの道に何のものが売ってるのかということを覚えるのがとても大変でした。私は田舎暮らしだったので実家から自転車で20分ぐらいのところにあるショッピングモールで全ての買い物済ましていました。

しかし東京では例えば日用品が欲しければ日用品が売っているお店が近くにいくつもあって値段も違いますし質や売っているものも全て違います。選択肢が増えれば増えるほど迷ってしまうということを私は実感しました。そんな生活に早くなれなければいけないので東京の生活とかの生活に慣れている大学の友達を私の家に呼んでアドバイスをしてもらおうと思ったのです。他のみんなは実家から暮らしている人もいる東京で一人暮らしをしている人もいます。私のアパートでは都会の暮らしについての議論がとても盛んになっていてわたしはほんとに有意義な時間を過ごすことができたと思いました。

Copyright (C)2019学生時代に利用したアパートについて.All rights reserved.