学生時代に利用したアパートについて

学生時代に利用したアパートについて

賃貸からの転出の流れ

学生時代に利用したアパートについて
賃貸住宅は売却に手間どらない分、分譲マンションやマイホームをお持ちの場合に比べて、転出が簡単であるという特徴があります。しかし、賃貸には賃貸なりの厄介ごとがあります。勝手に部屋を引き払えばいいというものではないのです。賃貸に住んでいるということは管理者との賃貸借契約を結んでいるということになりますが、転出するなら契約を解約することになります。契約や解約は一方的に成立させられるものではありません。

それではどうしたら賃貸借契約を解約できるのか。その方法は、賃貸借契約書に記載されています。賃貸借契約書は、今の部屋の入居の数日前に部屋の鍵と一緒に渡されたり入居後に郵送されてきたりしているはずです。見つからない場合はマンションの管理者にお願いしてコピーをもらいましょう。そこに転出、すなわち解約の方法が書いてあります「退出時の1ヶ月前までに口頭、または書類によって伝える」などと書いてあるはずです。つまり、いきなり引っ越すことはできません。数か月前から管理者に連絡しておかねばならないのです。もちろん、契約書で決められている期間分の家賃を払えばすぐにでも引っ越すことは可能です。

このようにして賃貸借契約を解約してしまえば、あとは一般的な引っ越しと同じです。役所への転出届、テレビの受信契約の変更、電気やガス、水道を止めてもらう、というように方々へ連絡をせねばなりません。ご近所へのあいさつもしたほうがいいですね。引っ越し会社の手配や荷造りもしなくてはならず大忙しです。最後は部屋の明け渡しです。多くは管理者の立会いの下で行われ、そこで借りていた鍵を返します。なくしてしまった場合は弁償させられます。高くつくことが多いので注意です。転入時に預けた敷金は多くの場合、後日銀行口座に振り込まれます。

Copyright (C)2019学生時代に利用したアパートについて.All rights reserved.