学生時代に利用したアパートについて

学生時代に利用したアパートについて

友達とアパートをシェア、ワンルームは避けて。

学生時代に利用したアパートについて
友達とアパートをシェアするならワンルームは候補から外しましょう。何故ならワンルームでシェアは上手くいかないと相場が決まっているからです。考えてみればラブラブな恋人同士だって「一人の時間がない」とか「プライバシーがなくてしんどい」とか「依存されて辛くなった」なんて理由で同棲を解消することが多いんです。それどころか同棲が原因で別れてしまうカップルだって決して少なくありません。ましてや友達同士でワンルームなんて無理だと思います。節約したいという気持ちはわかりますが快適に生活するためにはある程度の広さと部屋が必要です。

友達とアパートをシェアする場合、お互いの部屋が一つずつあるのが理想です。シェアが上手くいかなくなる理由は一人の時間、自分のプライバシーがなくなってしまうことです。部屋が一つずつあればプライバシーを確保できるので友達と一緒に住んでいても比較的快適に生活できるはずです。それからシェアしているアパートに他の友達や恋人を無断で呼ばないことも大事です。シェアをしている以上、同居人の許可なしに人を呼ぶのはマナー違反です。揉める原因になるのでそもそも人を呼ばないのが一番いいと思います。ただし広い部屋をシェアしているなら人を呼んでも大丈夫かもしれません。

Copyright (C)2019学生時代に利用したアパートについて.All rights reserved.